簡単に使えて本格的なHPが作れる「ホームページ制作ツール」のおすすめを紹介しています。

グーペを使って実際にホームページを作ってみる



ブログを更新するような感覚で、 簡単に本格的なホームページを作成できるというホームページ作成ツール「グーペ」。

Web制作の知識がない人にとっては魅力に思えますが、 本当にそんな簡単にきちんとしたホームページが作れるの?なんて疑問をお持ちの方もいるでしょう。



結論からお話しすると、最低でも文字入力さえできれば、 ビジネスでも通用する本格的なホームページの作成が可能です。

…と言葉だけでいっても、説得力がありませんよね。

そこで今回は、 実際にグーペを使用して簡単なホームページを作成する流れについて解説・ご紹介したいと思います。

簡単なホームページ制作ツールをお探しの方は、ぜひ記事に目を通してみてください。



ホームページのデザインを決める

というわけでホームページを作成していきます。

今回はあくまでもホームページ作成の流れを見ていただきたいので、 最小限の項目だけを追加した「簡単なホームページ」を作成したいと思います。




以下、グーペの管理画面トップページです。






まずはホームページに使用する、デザインテンプレートを選びます。
管理画面の左側に表示されているメニューより、「設定」>「デザイン」をクリックしてください。






デザインをクリックすると「デザインの一覧ページ」が開きますので、上部に表示されている「ダウンロード」タブをクリックします。






デザインをダウンロードするためのページが開きます。



ここでは、ホームページに利用するテンプレートをダウンロードすることができます。

さまざまなジャンルのテンプレートが提供されていますので、 自分が作成したいホームページのジャンルにあったテンプレートをダウンロードしてください。



なお、テンプレートには無料タイプと有料タイプがあります。

無料タイプは自由に使えるテンプレートで、 有料タイプは追加料金を支払わなくては使えないテンプレートです。

有料タイプの方が細かい部分の装飾などが凝っているため、デザインに徹底的にこだわりたい人には有料タイプが向いています。

ですが、無料だから本格的なホームページが作れないわけではありませんので、 予算や好みに応じて有料・無料を使い分けるようにするのが良いでしょう。

今回は無料テンプレートとして提供されている、「OnePlate」と呼ばれるテンプレートをダウンロードして利用したいと思います。





テンプレートをダウンロードしたら、「デザイン一覧画面」へ移動します。






デザイン一覧画面です。
ここには現在使用中のテンプレートと、ダウンロード済みのテンプレートが表示されています。



さきほどダウンロードしたテンプレート「OnePlate」の項目に表示されている、「このデザインに変更」ボタンをクリックしてください。




すると、現在適用中のデザインの箇所に「OnePlate」が表示されますので、続けて「編集」をクリックします。






「編集」ボタンをクリックすると、テンプレートのデザイン編集画面が開きます。

ここでは、テンプレートに使われているフォントの種類やテーマカラー、文字サイズ、表示させるパーツの表示・非表示を設定できます。


ホームページに使われるフォントやテーマカラー、文字サイズ、パーツの変更が可能

各項目を変更したら、下部の「保存」ボタンをクリックしてください。
今回は、フォントの種類を「游ゴシック」に変更、 その他はデフォルトのままにしました。


ホームページのタイトルや説明を入力する

デザインの編集が終わったら、左側のメニューの「設定」>「基本設定」へ移動します。






基本設定画面では、ホームページの公開・非公開の設定や、ホームページのタイトル、説明などの基本的な項目を設定できます。



色々設定する項目が表示されているのですが、とりあえず今回は例ということで「タイトル」と「説明文」のみを入力しました。




入力できたら、下部の「更新」ボタンをクリック。



とりあえずはこれで、最小限の内容のホームページ(ホームページのベース)が完成しました。


作成したホームページを確認してみる

作成したホームページを確認してみます。


上記画像をクリックすると拡大画像が表示されます

非常にシンプルで味気ない感じはありますが、ほとんど何もしていない割には整ったデザインのホームページが完成しました。

まだ内容はほとんどなく一般に公開できる状態ではありませんが、ここまでの操作で10分もかかっていません。



これから店舗情報を入力したり、ホームページのロゴ画像や写真を取りいれる必要はありますが、 難しい設定や操作は全くありません。

例えばお知らせページやフォトギャラリー、お店の予約などが行えるページも、 今回ご紹介したような流れで簡単に追加できるんです。

これなら、知識が全くなかったとしてもホームページが作成できると思いませんか?

実際、Web制作の知識が全くない私の知人でも、それなりに整ったビジネス用のホームページが作れているんですよね。

まったくの初心者であっても問題はありません。

自分で1から作成したり制作会社に頼んだとしたら、 こうもスピーディーにはいかないことを考えると、画期的なツールだともいえますね。





以上となります。
次回は、今回作ったホームページにロゴ画像や簡単なコンテンツを追加し、もう少し整えてみたいと思います。

興味をお持ちの方は、ご覧ください。
次記事:グーペでホームページを作る(その2) トップページをきれいに整える

なお、グーペには今回ご紹介した以外にも様々な機能があります。
より詳しい特徴について知りたい方は、グーペの公式サイトの情報もあわせてご覧下さい。


Top